気になるニキビ跡を消す方法|ピーリングを使って肌をキレイに

女の人

適切な入浴方法

鏡を見るウーマン

温度管理は重要ポイント

入浴は乾燥肌に良いとされていますが、利用方法を間違うと逆効果になることもあります。乾燥肌に有効な入浴方法を取り入れることで自然と乾燥肌を改善させることができます。肌の水分は角質層にどれだけ水分を閉じ込めておけるかです。したがって入浴をすることによって角質層の水分保持力を下げないようにすることがポイントです。まず入浴の温度です。集めのお湯やシャワーは乾燥肌を招く要因となります。角質層をふやかしてしまうため、細胞間脂質などを流出させてしまうのです。ちょうど良い温度は38度くらいです。少しぬるめの温度設定が乾燥肌対策になるのです。またお湯につかる時間も大事です。お湯につかる時間は20分程度がよいとされていますが、これ以上つかることで角質層にダメージを与えてしまいます。

洗い方は優しくが基本

また洗い方にも対策が必要です。摩擦によって角質層にダメージを与えるような洗い方は乾燥肌を招いてしまいます。優しいタオルで洗うことが大事なのですが、洗う回数は一度にとどめておくことが大事です。ボディソープや石鹸をしっかりと利用して摩擦を少なく洗うことが大事です。また洗浄力が強い成分が入った石鹸やボディソープを使用すると肌を傷つけてしまいますので成分にも気を付ける必要があります。お風呂上りの対策も重要です。入浴やシャワーを行う事によって細胞間脂質は少なくとも流出しています。そのため保湿をしっかりと行い肌を乾燥しないように守ることが大事なのです。乾燥肌対策に有効な入浴も常に肌に気を遣うことが必要なのです。